愛人を作る為には

世の中の既婚男性の中には奥さんだけではなく親密な関係になっている愛人をつくっている方も多くいらっしゃるかと思われます。
しかし多くの男性たちはこんな疑問を持ってしまうかと思われます。
「愛人ってどうしたら作れるんだろう」と。
そんな愛人を作る為に必要と思われるポイントを掲載していきます。
まず仕事を頑張れる点です。
いくら観かけがイケメンであっても仕事を熟す事が出来ない男は女性にとってカッコ悪い存在となってしまいます。
その為、仕事をバリバリ熟し社会的地位もそれなりにある男性に女性は惹かれていきます。
次に収入面が大きいという点です。
愛人となった女性の多くは相手である男性から資金援助やお小遣いを貰っている人が多いかと思います。
収入が低くて欲しい物さえも買ってくれない人の愛人になっていても全く特は無い訳ですから、欲しい物を好きなだけ買ってくれるだけの収入を得ている人に惹かれていきます。
次にヴィジュアルを常に気に掛けている点です。
お金を持っていたとしても、センスが悪かったりあまり服装に拘りを持っていない人だと一緒に歩いていて恥ずかしい思いをしてしまう事もあるかと思われます。
それ相応の収入があるのであれば、ブランド物やセンスの良い服を着る事で女性の心も惹かれていくものとなるのです。
愛人を作る為にはそれ相応の事が必要となってきますが、一番はやはりお金を持っている点だと思われます。
愛人を作る為、お金持ちになりましょう。

愛人を作るならこのサイト
愛人募集から愛人契約まで簡単にできる3つの掲示板とは?

愛人を作る男性の気持ち

私は独身時代に好きになった男性に彼女がいてあきらめようと思ったのですが、その時に男性の方が私の気持ちに気づき、
逆に追いかけてきたことがありました。
ある時デートに誘われて「もしかしたら彼女と別れたのかな」と期待してデートに行ってみると、彼の方から私に対して
愛人にならないかということを持ちかけてきたのです。

「彼女とは半年後に入籍する」と言われた時には、えっと思ってそれならなぜ私は今日デートに来ているのかと頭の中は
クエスチョンマークでいっぱいでした。しかしその言葉の続きに「彼女と結婚はするけれど、結婚と恋愛は別だと思っていて
君のことも魅力的で素敵だと思っている。お付き合いできたらなと思っている」と言われました。

そこで私がOKをしていたら私は愛人ということになっていたのですが、とてもじゃないけれどその申し出を受ける気にはなりませんでした。
ただ男性心理として愛人を作る時のきっかけとして、女性の方から好意を持ってもらって他に本命がいるけれども、その女性のことも気になる、遊びたいという気持ちがあるのかなと思いました。

結婚と恋愛は別だと言い切ったその彼の言葉にはびっくりしましたし、結婚をしている相手と愛人関係になって私が慰謝料を請求されたりしたら嫌だなと思いましたし、お付き合いという気には一切なりませんでした。愛人を作る男性というのは結果的にはそういったことに対して罪悪感のようなものが少ないのかなという風に感じました。

愛人を持つ事でどういうリスクがあるか

みなさんの中にも今現在愛人がいるという方もいるかと思います。
ですが、残念ながらそういう人の多くは愛人がいる事でどういうリスクがあるのか分かって
いない人が多いのが現実です。

それはどうしてかというと、多くの人は愛人がいる事でどういう事が起きるかという事を深く考えていないからです。特にそういう風に考えてしまうのが男性の側に多いと思います。

その理由は簡単で男性の多くは現在妻がいてもこっそり愛人関係にある女性がいてもそれが
妻にバレないと根拠のない自信があるからです。

ですが、それは大きな間違いで妻にバレないと思って作った愛人があっさりと妻にバレる事はよくある事です。ですが、男性はそういう風に考えない事が多くて後で後悔する事になるのが愛人を持つ事のリスクです。

では、どうして男性は愛人がいても妻にバレないと思っていても実際は妻にあっさりバレてしまうのかというと、それはよく言われるように男性よりも女性の方が勘が良いからです。

ですから、男性が急に機嫌が良くなっていたりそれまでと違った行動を取るようになると
女性はすぐに別の女性の存在を疑うようになります。

そして疑うようになってもそれですぐに問い詰めないで決定的な浮気の証拠を掴むまでは
大人しくて決定的な浮気の証拠を掴んだ段階で証拠を突き付けて追いつめてきます。

そうなった時は本当に男性は何も言えなくなってしまうので愛人を持つという事はかなりリスクがあるという事を知っておくべきだと思います。

愛人という存在について

世の中には相思相愛な関係となり結婚をし夫婦として生活をしていらっしゃる方が多く存在しています。
しかし夫婦にとって浮気や不倫は相手の信用や気持ちを裏切る行為となってしまい、最悪離婚という結果に至る事も少なくありません。
そんな離婚というリスクを背負いながらも奥さんがありながら他の女性と深いになる愛人という女性を作っている方もいらっしゃいます。
そんな愛人という存在について掲載していきます。
まず愛人を作る事で恋人気分になれる点です。
愛人を作る場合は自分より年下の女性が対象となるケースが多いかと思われます。
その為、長年共にしている奥さんには無い魅力を感じてしまいます。
特に若い女性ならではの若々しい肉体によって自身も若返った気持ちになり、快楽を与えてくれる存在となっていくのです。
また心もリフレッシュされていくのです。
若い愛人とひとときを過ごしているだけで仕事等で溜まったストレスが緩和されていくのです。
この緩和は奥さんでは解消する事が出来ない為、体も心もリフレッシュしてくれる存在となってくるのです。
次に周囲から羨ましく思われる点です。
自身が年老いてしまっても、同伴している女性がカナリ年下ともなればやはり周囲からは「羨ましい」という声が聞こえてくるものです。
そんな周囲の声を聞くだけで年老いていたとしても若さが漲ってくるように感じられるのです。
愛人という存在は年を重ねた男性にとってはパワーの源となる存在なのです。