愛人関係に感情が深く入ってしまったとき

ただの愛人関係だからと割りきって付き合ったつもりが、愛人関係がただの体だけの関係ではなくなり、より深いものになってしまうということがあります。つまり基本的には愛人というのは、相手の生活やプライベートには干渉しないということが条件なのですが、相手のことが好きになってしまうと、その相手の家庭に干渉してぶち壊して、自分の下に引き寄せたくなってしまうのです。そうなるとより嫉妬深くなり、かなりドロドロした関係になってしまうかもしれません。愛人は相手に配偶者を別れて自分のところに転がり込んできて欲しいという願いを真剣に持つようになるのです。

そしてそのうちに愛人は愛人関係のある相手の住まいや仕事先を探して突き止めるようになっていくかもしれません。そして監視したり、待ち伏せしたりするかもしれず、ストーカーのような行為をするようになる可能性があります。そうなると男性にとっては、時々の息抜きと気晴らし、そして性欲を満たすために愛人関係になったのに、家庭や仕事までそれを持ち込まれるとかなり困ったことになってしまうのです。そうした愛人関係は長続きすることはなく、お互いにとって不幸な結末になってしまうことでしょう。あくまで愛人関係というのは、つかず離れずで程よい距離を保ちながらお互いの必要を満たし合う関係に留めておくことが成功する長続きするためには必要であり、頻繁に連絡を取り合うようになると難しくなりやすいかもしれません。